富士堂ブログ 電話番号

上巳の節句――桃の花

もうすぐ3月3日お雛祭りになります。

記載により、大昔中国の三国時代魏から上巳の日(旧暦3月3日)に色んな行事を行われたそうです。その一は川に行って身を清潔し、邪気を払う。又「春遊踏青」と言う郊外に行ってピクニックする風習もありました。旧暦の3月3日は大地回春、陽気上昇、草木の新緑になり、人々は冬の寒さから解放され、ようやく外で活動できるようになった時期です。

上巳の日を日本に伝わってきて、平安時代頃から、3月の初めに海や山へ出て一日を過ごし身の穢れを洗い流す儀礼がありました。また、桃が邪気を祓い長寿を保つと言う中国思想の影響を受けて、桃の花の入った桃酒を飲むようになったようです。現在の雛壇を飾る「雛祭り」へと行事の内容が移行したのは江戸時代からだったそうです。

旧暦の3月3日頃、桃の花は一番盛んでいます。昔の中国に桃の木が魔除ける神木という説がありました。桃の果実は食べると長寿になるから「仙桃」と言う、綺麗な女の子は「桃花」の様で言います。日本の上巳の節句は桃の節句とも言えます。

昨日、お稽古の時に桃の花を生けられました。満開のピンク色の桃の花はまるで可愛い女の子な様にとても綺麗でした。残りの花は今日飯田橋店の相談テーブルに飾られました。

FullSizeRender IMG_8264 touninn

そう言えば、桃の種は「桃仁」(とうにん)と言います。大変重要な漢方薬です。活血、鎮痛、便秘解消など色んな作用があって特に婦人科の病気によく使われています。

桃仁が用いられた漢方には桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)が知られており、月経障害や更年期障害に使われています。他には生理不順や便秘に使う桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)や、大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ)や、月経不順に使う折衝飲(セッショウイン)などがあります。

お雛祭りに桃の花を飾るのは女の子の健やかな成長を祈る意味になりますね。実際にも桃は女性を病気から守れているそうです。

富士堂漢方薬局  袁