富士堂ブログ 電話番号

7年ごとに「妊娠の力」は変わる!!

「妊娠力」は年齢によって変化していきます。

以下は漢方の聖書と言われる「黄帝内経(こうていだいけい)」に記載されています。

女性は14歳前後で初経となります。

28歳頃に体バランスのピークを迎えます。

子宮や卵巣といった生殖器官だけではなく、体力も心も子作りために準備しています。

28歳から35歳は「妊娠力」一番高い時期になります。

しかし35歳を過ぎると、「妊娠力」が低下しはじめます。女性ホルモンバランスが崩れ始め、肌や髪の艶が少しずつ失われます。

子宮や卵巣の機能にも少しずつ衰えが見えてきて、経血量やPMS(生理前症候群)も減ってきます。

そして42歳以降は老化が加速し、肌や髪を潤す陰液(水分・血液)が減り、白髪やシワが目立つようになります。

卵巣においては、排卵しても空胞だったり、卵子の質が低下します。

子宮においては、内膜が薄くなったり、受精卵の着床が難しくなります。

49歳くらいになると閉経に近づき、卵巣機能はほとんど失われ、子宮も萎縮していきます。

二千年前の平均年齢50歳も行かない時代から、妊娠適齢期(28-35歳)というのは、あまり変わっていないのです。

漢方で体をアンチエイジング!!

「妊娠力」が高い28-35歳は、女性にとって、仕事や趣味が特に楽しく充実する時期でもあります。

しかし、晩婚化とともに、いざ赤ちゃんがほしいと思ったら、妊娠適齢期を過ぎてしまうこともあります。

肌のアンチエイジングは化粧品で、体のアンチエイジングは漢方!!

食事、運動、生活習慣を見直し、漢方薬の力や養生法で「妊娠力」の低下を穏やかにすれば、赤ちゃんを授かることは、十分に可能です。