富士堂ブログ 電話番号

32歳、アレルギー体質で、子宮筋腫術後、4か月漢方を服用し、自然妊娠

東京都のBSさん 32

治療経歴=排卵チェックとタイミング指導

治療内容=漢方のみ

患者様について

子宮筋腫10㎝あり、1年半前に手術済。ホルモンの乱れ、卵管の詰まり、卵巣機能低下はないです。

治療内容:排卵チェックとタイミング指導

婦人科系症状: PMS、月経量が減少、冷え症

一般症状:精神不安、憂鬱、睡眠障害、蕁麻疹(抗アレルギー剤長期服用)

漢方治療について

身体的には特に目立つな症状はなく、軽度の冷え症、なかなか妊娠が出来なく、気持ちが沈むことが多く、生理前に軽度のPMS症状。子宮筋腫術後に生理量が減ってきました。

ホルモン剤は使わず、排卵予定日前に排卵チェックだけ、卵胞と内膜の問題は特にないですが、着床は一回もなかった。

蕁麻疹のため、抗アレルギー剤を長期的に服用

治療方針:免疫の調整により、抗アレルギー剤を止め、自然周期、タイミング法中心に

治療用薬:漢方エキス剤(免疫調整+ホルモンバランス調整)

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

漢方を飲み始めてから、蕁麻疹出る頻度が減り、抗アレルギー剤は1日置き服用しても、蕁麻疹が悪化しない。

<服用2ヶ月目>

秋花粉の時期に入り、花粉症も出始め、抗アレルギー剤を多く飲みました。例年の花粉症症状より今回は軽めで、生理前に蕁麻疹も悪化するようです。

<服用3ヶ月目>

花粉症の症状が落ち着き、抗アレルギー剤週1回しか飲んでいない、高温期に皮膚の痒みがありますが、外用痒み止め(軟膏)で改善。

<服用4ヶ月目>

生理が遅れたと思い、検査で胎嚢3.8㎜が判明、茶色おりものや軽めの腹痛があるため、早期流産予防漢方を追加、抗アレルギー剤(内服)を中止に

<服用5ヶ月目>

茶色おりものと腹痛がなくなったが、悪阻が酷くなり。胎児の成長は特に問題なく。悪阻の漢方を服用しながら、早期流産予防の漢方や免疫調整の漢方を減量。

<服用6ヶ月目以後>

調子は安定し、漢方を減量しながら、24週目に完全に廃薬

妊娠9週目までの漢方服用期間:5か月

不妊漢方アドバイザー張冬先生のコメント

抗アレルギー剤には妊娠に対する評価ははっきりされていないですが、妊娠希望する方々が中止したほうが良いと思います。胎児は母体に対するのは「異物」なので、アレルギー体質の方がなかなか授かりにくいところが分かります。漢方は免疫機能の調整する力を持っていますので、ぜひお試ししてください。また抗精子抗体陽性の方も漢方が有効で、ぜひ一度ご相談に。

漢方不妊アドバイザー 張 冬(チョウ トウ)

もっと体験談はここ